Global Website

ホーム > ブランド > 歴史

カワイピアノの歴史

カワイピアノの歴史

-1927年- 昭和2年、一粒の夢の種が蒔かれた

「この手で、世界一のピアノをつくりたい」。1927年(昭和2年)、後に楽器王と呼ばれる河合小市は、そんな理想を胸に「河合楽器研究所」を設立しました。彼の夢に共鳴した数名の仲間たちと、工場とも呼べない小さな倉庫からの創業でした。しかし、そこには「ピアノづくりにかける熱い想い」という大きな資本がありました。

そして、同年早くも、「昭和型」と名づけられたアップライトピアノを発売。これが記念すべきカワイピアノ第一号です。さらに1928年にはグランドピアノの第一号機「平台1号」を発売しました。

研究所は需要に応えて工場を拡大。1929年には河合楽器製作所と改称。天才技術者小市の才能は花開き、独自の仕組みを持ち特許を認められた「自在アクション」や同じく特許を取った新式の響板などを次々に発明、夢の実現に向けて順調な滑り出しをみせました。

終戦後、従業員は散り散りになり、バラック同様の工場と資材不足という困難の中、1948年(昭和23年)、ついにピアノ、オルガンの製造を再開。1950年には、小市の頭の中にだけ残っていた克明な設計図をもとに戦後初のグランドピアノ500号が製作されました。そして、1952年には、600号、800号と次々に新しいグランドピアノが発売され、“技術のカワイ”の美しい音が全国に広がっていったのです。

-1970年- 愛され広がる「カワイトーン」

-1970年- 愛され広がる「カワイトーン」

1955年に二代目社長に就任した河合滋(元会長)は、生産体制の整備をさらに強力に推し進めました。また、調律技術者の育成を目的として、ピアノ調律技術者養成所を設立。ピアノメーカーに欠かせない豊かな感性を持った人材を育てることも忘れませんでした。

-1970年- 愛され広がる「カワイトーン」

そして、1970年。河合小市が生み出し培ったピアノ技術を集約し、独特の「カワイトーン」にさらに磨きをかけたカワイグランドピアノKGシリーズ6機種を発売。以後、KGシリーズはカワイグランドピアノの主力商品として長く広く愛されることとなりました。その後も1971年に音楽文化の普及を目的としてスタートさせた「カワイコンサート」を通じ、ピアニストからカワイピアノに寄せられた様々な要望を真摯に受け止め、とどまることなく時代が求める音色を探究していったのです。

-1981年- 世界の頂点をめざす「EX」が誕生

-1981年- 世界の頂点をめざす「EX」が誕生

1980年(昭和55年)、グランドピアノ専門工場としては世界最大の規模を誇る竜洋工場が完成しました。1万5千本の樹木が植えられ、「森の中の緑の工房」と呼ばれるこの工場には、「ピアノは本来一台一台丹念に作りこんでいくもの」という創業時からの精神を受け継ぎ、熟練工によって組織される手づくり工程を再現した「原器工程」が併設されました。

こうしたピアノ工法の原点ともいうべき手づくりの部分と最新の科学技術を一体化した、世界でも他に例を見ない「工房」の完成により、カワイグランドピアノは新たな飛躍のステージを得ることとなったのです。

このグランドピアノづくりの理想郷のなかで、1981年、カワイの技術の粋を結集させた「フルコンサートピアノ」が誕生。EXCELLENTを意味する「EX」と名付けられたこのピアノは、世界一のピアノづくりをめざすカワイを象徴するフラッグシップモデルとなりました。このEXでのピアノづくりで培った技術とノウハウは他の機種にも生かされ、1983年発売のRX‐Aをはじめ、EXの血統を受け継いだ高品質なグランドピアノが次々と世に送り出されていきました。

-1999年- 「緑の工房」から生まれた新たなる名器。

-1999年- 「緑の工房」から生まれた新たなる名器。

操業以来、竜洋工場では、多くの傑作と呼ばれるグランドピアノを生み出してきました。
そして1999年、半世紀にわたりひたすらピアノの品質向上に心血を注いできた河合滋は、そのピアノづくりの集大成として、自身の誇りと責任と人生哲学を込め一台のピアノを世に送り出しました。

グランドピアノの新シリーズ「Shigeru Kawaiグランドピアノ」です。カワイでは初めてフルネームが冠せられたこのピアノには、名器の誉れ高いフルコンサートピアノEXの直系として、カワイが独自開発した革新的なアクションをはじめ、カワイが持てる最高の素材と技術、感性のすべてが注がれました。

このプレスティージ・モデルは、発売早々から内外のピアニストや音楽評論家諸氏より寄せられた数々の賛辞が物語るように、カワイの技術力の高さを改めて示すものでありました。こうして、Shigeru Kawaiグランドピアノは、EXに次ぐ竜洋工場の大きな成果として、カワイの製品史に新たな1ページを加えたのです。

-2001年- 時代を画するもの、「SK-EX」誕生

-2001年- 時代を画するもの、「SK-EX」誕生

2001年(平成13年)。新世紀の幕開けとともに、カワイは「Shigeru KawaiフルコンサートピアノSK-EX」を発表。そこには、Shigeru Kawaiグランドピアノの最高位機種として、カワイのピアノづくりのすべてが集約されていました。持てる最上級の素材、伝統の技、革新的な技術、世界最高レベルの音楽的感性。

これらにより、カワイピアノの次代を担う新しいフラッグシップにこそふさわしい最上級の資質に満ちたピアノが誕生したのです。SK-EXは、近年の国際ピアノコンクールにおいて華々しい活躍を続け、世界の檜舞台に欠かすことのできない存在となっています。