Global Website

ホーム > ブランド > 歴史

カワイピアノの歴史

カワイピアノの歴史

変えてはならないものを次代に継承する― それは創業時から脈々と流れるピアノづくりにかける熱い思い。
変えるべきものは大胆に改革する― それは最先端の研究開発による素材や設計の見直し。
90 年の歴史を重ねた「KAWAI」― 愛され、選ばれるブランドをめざして、さらに挑戦を続けます。

1927 年、河合小市が仲間と共に創設した「河合楽器研究所」。工場とも呼べない小さな倉庫からの出発であったが、そこには「ピアノづくりにかける熱い想い」という大きな資本があった。庶民には手が出なかったピアノのイメージを覆す、安さを求めて性能は妥協をしない姿勢、それはまさに技術者としてのプライドだった。

カワイピアノの歴史

生産を直接指揮した小市は、早くも「昭和型」と名づけた記念すべきカワイピアノ第一号を発売。さらに1928 年には、グランドピアノ第一号機「平台1 号」を発売した。小市を慕う仲間と生み出したピアノは瞬く間に知れ渡った。天才技術者小市の才能は花開き、独自の仕組みを持ち特許を認められた「自在アクション」や同じく特許を取った新式の響板などを次々に発明。1929 年には「河合楽器製作所」へと改称し、さらに規模を大きくしていった。

カワイピアノの歴史

だが、第二次世界大戦がこの歩みを止めた。技術者が戦地へ駆り出され、ピアノ工場は軍需工場と化した。そして終戦― 爪痕は深く残されたが、小市のピアノ作りへの情熱は消えてはいない。しかし追い打ちをかけるように、本社工場の火災と悲劇は続いてしまう。会社再建はそう簡単にはいかない長い道のりだった。

カワイピアノの歴史

「会社再建は我々の手で」― 苦難を乗り越えて、1948 年にはピアノ・オルガンの製造再開にこぎつけ、1950 年には小市の頭の中に残っていた克明な設計図をもとに戦後初のグランドピアノ500 号が製作された。世に出るカワイの製品は、すべて小市自ら最終チェックを行った。「楽器を売る前にまず技術を売れ」という小市の精神なくして、今日のカワイは語れない。
ピアノ作りへの情熱が業界初の藍綬褒賞受賞という形で評価されると共に、カワイが企業として認められたのも束の間、1955 年に小市は病に倒れてしまう― 発明家、技術者としてピアノ作りに生涯を捧げた河合小市。精神の音を追い求めた先に夢見た「世界一のピアノを作りたい」という小市の思いは、二代目社長・河合滋に受け継がれていった。

カワイピアノの歴史

》》》》 次回公開「二代目社長・河合滋編」に続く