Global Website

ホーム > CSR > コンプライアンスの取り組みについて

コンプライアンスの取り組みについて

コンプライアンスとは法令等遵守と訳され、社会の法令や会社内の規程などを守っていくことだけでなく、社会規範を含んだ倫理規範の実践により社会の信頼を得ていく事が必要であると考えられています。このような事からカワイグループでは全従業員が取り組む、コンプライアンス経営を推進しております。

コンプライアンスの推進

コンプライアンスの推進

具体的には法令遵守に加え社会的な規範を包含したカワイ倫理規範、倫理行動規準を制定するとともに、外部有識者(弁護士)を加えた企業倫理委員会を設置しております。

また、企業倫理に関する統括部門である企業倫理室を主体に、企業倫理ホットラインの運営と従業員への教育、啓蒙によるコンプライアンス意識の向上に努めております。

河合会長兼社長のコミットメント

河合会長兼社長のコミットメント

私は新時代にむけて新しいカワイを創生させるため、1996年4月に新しい経営の理念を制定いたしました。
新しい経営の理念の中で 『お客様の満足を第一に商品・サービスを提供します』 『新しい時代に向かって企業活動を推進します』と謳っております。
すなわちお客様の満足度を常に考え、カワイブランドに対する信頼の維持を図り、新時代の社会の要請などに沿った企業活動を推進していくというものです。

2002年10月には社員ひとりひとりが企業社会人として、社会的良識をもって行動するための基本となる 「カワイ倫理規範」 「倫理行動規準」 を制定いたしました。カワイグループの企業倫理の遵守を第一に高い倫理観と常識をもって行動し、「社会からの信頼」に応え、カワイブランドに対する信頼を損なわないようにすることが必要であると認識しております。

このようなことを踏まえ、私は、今回ここに業務の遂行にあたり、役員以下カワイグループ全社員に率先して当社のもつ社会的責任を自覚し、あらゆる場面において 「カワイ倫理規範」 を遵守し、 「倫理行動規準」 の精神に則って行動することを誓います。

河合弘隆

コンプライアンス経営の仕組み

コンプライアンス経営の仕組み

上の組織イメージ図では企業倫理委員会を中心としたコンプライアンスに関わる部門を掲載しております。

企業倫理委員会はコンプライアンスに関する基本方針の審議を行い決定し、その方針の進捗状況を確認したり、コンプライアンスに関する規程・マニュアルなどの制定を行います。

委員会ではその他に法令、企業倫理に関わる違反案件があったときは、その対応策の協議を行い経営層への具申を行います。

<企業倫理委員会の構成>

  • 委員長総務担当部長
  • 委員顧問弁護士
  • 委員常勤監査役
  • 委員生産担当部門長
  • 委員営業担当部門長
  • 委員海外担当部門長
  • 委員本社スタッフ部門長
  • 事務局企業倫理室長