Global Website

ホーム > CSR > 文化貢献活動

文化貢献活動

音楽を通して広がる豊かで潤いのある社会を目指して、また、日本の音楽文化を育てるため、カワイは、さまざまな音楽活動や文化活動への支援を行っています。人々の心に感動の輪を広げたい。カワイの願いは着実に実を結んでいます。

  • カワイコンサート

    カワイコンサート

    1971年に日本中の人々に良い音楽をというポリシーのもとスタートしたカワイコンサート。発足以来、全国で2,000回を超える公演を行っています。
    国際的なピアニストから新進気鋭の若手演奏家まで多彩な演奏家を招いて、全国各地の皆さんに良い音楽との触れ合いを楽しんでいただいています。

    カワイ音楽振興会サイトからご参照ください。
  • 日本ショパン協会への支援

    日本ショパン協会への支援

    ショパン生誕150年にあたる1960(昭和35)年、ポーランドのショパン協会との交流のもとに設立。音楽交流、ショパン国際ピアノコンクールへの審査員派遣、参加者オーディションなどの活動を行って来ました。05年には「ショパンピアノコンクール」を開催。
    また年間最も優れたショパン作品を演奏したピアニストに対し「日本ショパン協会賞」を贈呈。毎年数回、ショパン作品を中心としたリサイタル・講座を 開催しています。

    http://chopin-society-japan.com/
  • クロイツァー記念会への支援

    クロイツァー記念会への支援

    世界的ピアニストとして日本の音楽界に多大な貢献をした、故レオニード・クロイツァー教授の遺徳をしのぶ門下生および関係者により 1962(昭和37)年設立。日本のピアノ音楽界発展のために尽くす設立主旨に沿って諸事業を行っています。
    1971(昭和46)年より、クロイツァー教授の功績を記念して「クロイツァー賞」を制定。教授が生前教鞭をとった東京芸術大学、国立音楽大学のほか、ゆかりの深かった武蔵野音楽大学大学院ピアノ専攻修了生の中から、特に優れた成績をおさめた人に賞金を贈呈。1976(昭和51)年より「クロイツァー賞受賞者演奏会」を毎年開催の他、特別演奏会や出版活動を行なっています。

  • 日本・ロシア音楽家協会への支援

    日本・ロシア音楽家協会への支援

    1984(昭和59)年、日ソ音楽家協会の名で、当時のソ連作曲家同盟議長のティホン・フレンニコフ氏と初代運営委員長故芥川也寸志氏の親交から、両国の音楽作品の交換演奏を中心とする音楽文化交流を目的に発足。その後ソ連が崩壊し、ロシアを中心とする独立国家共同体(CIS)が誕生したことにより「日本・ロシア音楽家協会」と名称を変更。
    新生ロシアと旧ソ連邦諸国との新たな交流活動に入る。とくに1998年からは「サウンド・ルート」の名称で、新たなロシアとの文化交流コンサートを再開。同時に、声楽・器楽のコンサートや公開レッスン、公開講座、シンポジウムなど開催しています

    http://japan-russia-sfm.net/
  • 日本シマノフスキ協会への支援

    日本シマノフスキ協会への支援

    シマノフスキは、ショパンとともにポーランドを代表する作曲家。1981(昭和56)年、カロル・シマノフスキ生誕100年を記念して設立。ポーランド人の民族性、土俗性が表現された深い味わいのシマノフスキ作品。この作品を日本国内に広める活動を行っています。オーディション形式のフレッシュ・コンサートや、公開講座、例会等のコンサートを開催しています。

    http://kawai-kmf.com/szymanowski/
  • 音楽イベント活動

    音楽イベント活動

    カワイは様々なイベント活動を通じて、楽しい音楽の世界を多様な形で提供しています。カワイの音楽教室では子供達はもちろん、大学生、OL、中高年の方々など幅広い生徒達がピアノやドリマトーンを学んでおり、その成果を「こども音楽会」や「カワイ音楽コンクール」で披露しています。

    さらにこれらのコンクールをクリアーした生徒達がめざす、全国規模の「カワイ音楽コンクール全国大会」や「カワイドリマトーンコンクール全国大会」は、プロへの登竜門としても絶好の機会となっております。講師たちの技術研鑽の場として、また音楽交流の場として親しまれているフェスティバルも、例年盛況を極めています。また、全国各地でサロンコンサートやトークコンサートを開催し、音楽と触れあう場の充実に努めております。