Global Website

ホーム > ニュース > アコースティックピアノが遂げるべき進化を真摯に研究した成果が高く評価
ハイブリッドピアノ『NOVUS NV5』が2019年度グッドデザイン賞受賞

ニュースリリース

2019年10月2日トピックス

アコースティックピアノが遂げるべき進化を真摯に研究した成果が高く評価
ハイブリッドピアノ『NOVUS NV5』が2019年度グッドデザイン賞受賞

 株式会社河合楽器製作所は、ハイブリッドピアノ『NOVUS NV5』が、公益財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2019年度グッドデザイン賞」を受賞したことをお知らせします。

Gmarkstyling_06_nv5

 「NOVUS(ノーヴァス)」とは、「新しい」「新鮮な」という意味のラテン語であり、2017年に創立90周年記念モデルとして発売した「NOVUS NV10」に続き、コンパクトなボディに演奏者のイメージを最大限に表現できるようアコースティックピアノと同じ鍵盤機構・ペダル機構を搭載し、極限までアコースティックピアノの使用感を追求し、ハイブリッドピアノをより身近にしたモデルです。

 

・製品名称

カワイハイブリッドピアノ 『NOVUS NV5』

・標準価格(税抜)

650,000円

・発売日

10月4日

・デザイナー

株式会社河合楽器製作所 生産統括本部 商品企画デザイン室 伊藤 慎一

■デザイナーからのコメント

 ピアノを楽しむ多くのお客様は、アコースティックピアノから演奏表現を養いたいというのが一般的です。しかし、音やスペースなどの住空間の問題から簡易的なデジタルピアノを購入するケースが多く、そういった矛盾に対してアコースティックピアノとデジタルピアノのメリットを融合した新しい楽器が求められていました。『NOVUS NV5』は、アコースティックピアノと同じ機構を持ちながらもスリムなデザインによる高い設置性を実現し、さらにいつでもピアノ演奏が可能となる最新のデジタル技術による消音機能を搭載することによって、場所と時間を選ばないピアノを目指し実現することができました。

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

 ピアノの演奏音が近隣とのトラブルになることもありますが、アコースティックピアノが遂げるべき進化を真摯に研究した成果が、このデジタルピアノを生み出したとして高く評価されました。鍵盤から繰り出される従来同様のギミックをセンシングする機構、デジタルピアノにあるボタン類を一掃し、液晶パネルに集約しているデザイン、ピアノブラックの表面処理、場所を取らない超薄460ミリの奥行き、デジタルだからできたアコースティック感覚を上手く表現しています。

■グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ

https://www.g-mark.org/award/describe/48598

■当社ホームページでの製品紹介ページ

https://www.kawai-global.com/novus/jp/

グッドデザイン賞とは

「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より公益財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。産業の発展と暮らしの質を高めるデザインを身の回りの多岐にわたる分野から見いだし、広く伝えています。これまでの受賞件数は、のべ約47,000件に及び、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く一般に親しまれています。

 

■この件に関するお問い合わせ先

〒430-8665 静岡県浜松市中区寺島町200
株式会社河合楽器製作所  社長室 広報課
TEL:053-457-1226 / FAX:053-457-1225
Mail:koho@kawai.co.jp